新製品

五代目浅井丸勝・作
越前打刃物

多層鋼切出し【墨龍】(ぼくりゅう)


五代目浅井丸勝・鍛造/多層鋼切出し『墨龍』/左より「大」、「小」



多層鋼を鍛造した際に現れる波紋が美しい。


【五代目浅井丸勝 作 多層鋼切出し「墨龍」】(片刃・切出し小刀)

                    多層鋼切出し「墨龍」(大) 
完売 販売終了
                    多層鋼切出し「墨龍」(小) 税別 14,400円(税別)

越前打刃物の歴史は1337年(南北朝時代)まで先上る。五代目浅井丸勝作の多層鋼切出し『墨龍(ぼくりゅう)』は、古より継承される刀剣造りの技と伝統が息づく刃物造りの町・福井県武生で、明治初期創業の浅井打刃物製作所の鍛造師・五代目浅井丸勝が丹精込めて鍛え上げた逸品である。

越前打刃物・多層鋼切出し『墨龍』は、安来鋼白紙2号を使用し、「墨流」(すみながし)と呼ばれる多層の美しい刃紋が目を引く(写真:中)。

さらに、墨流が目立つように総ぼかし仕上という技法がとられており、ブレードはチタンのような色合いである。
硬い鋼と軟鉄が何層にも重ねられた、特殊な鋼材を丹念に鍛えることにより、片刃の多層鋼切出し『墨龍』の切れ味は、強い粘りと素晴らしい切れ味を兼ね備えている。その切れ味を目の当たりにした御仁は、驚愕するであろう。

多層鋼切出し『墨龍』は、ブレードの長さで大小2種類用意している。ハンドル部には天然の藤を巻いており、使い込むほどに良い色合いとなるのも楽しみである。(日本製)


【鍛造師】 五代目浅井丸勝/浅井 正美
【仕 様】 ●鋼材/安来鋼 白紙2号多層鋼 ●ハンドル部/天然藤巻仕上げ
      ●墨流、総ぼかし仕上げ ●備考/堅牢な牛革製カバー付、化粧箱入り

 【サイズ】(単位 mm)

品 名

全 長

刃 長

刃 幅

刃 厚

重さ

多層鋼切出し「墨龍」(大)

195

92

36

4

127g

多層鋼切出し「墨龍」(小)

178

74

32

5

125g

※平成22年3月1により価格が改定になりました。鋼材や燃料費の値上がりにより、実際は昨年から仕入れ価格が約2割値上になる予定でしたが、浅井社長の好意で平成21年末まで価格を据え置いていただいておりました。ご理解とご協力をお願いいたします。
※数値は実測に基づいておりますが、1本1本手作りのため、多少の差が生じる場合があるのでご承知おきください。
※刃の紋様は一本一本異なりますので、写真と実際にお届けする剣鉈の紋様は同じではありません。
※諸般の事情により仕様や価格を事前の通知なしに変更する場合がございますので予めご了承ください。

※2017年2月8日午前11時時点で「在庫有り」は次の通りです。()内の数字は在庫数。gif
 ・五代目浅井丸勝 越前剣鉈/5寸(2)、7寸(1)
 ・五代目浅井丸勝 ミニ鉈/4寸(6)、6寸(1)
 ・五代目浅井丸勝 多層鋼切り出し小刀・小(2)
 ・五代目浅井丸勝 多層鋼切り出し 墨龍 野外仕様(2)

 
御注文の時に既に売れ切れになっていることもあるので、御注文する前に弊社宛にお問い合せされることをお奨めします。

gif. 問い合わせる

gif. 注文してみる

gif. 越前切出し『墨龍・野外使用』を見る

gif. 越前打刃物・ミニ鉈を見る

gif. 越前剣鉈を見る

gif. 叉鬼山刀を見る

gif. Indexに戻る


有限会社アウトバック
〒020-0401 岩手県盛岡市手代森16-27-1
TEL:019-696-4647 FAX:019-696-4678


outback@cup.com